補助金についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 必要な規則正しい学校生活

新着情報

学校における校則の意図

学校にはなぜ校則があるのだろうか。もし校則など存在しないとする。つまり生徒たちを縛るものは法律のみとなる。これは小中学生にとっては破る、ということを経験する事はまずないだろう。つまり破ってはいけないということを知らずに育ってしまうのだ。それに比べて校則は生徒たちが背伸びをしようとすると触れてしまう比較的生徒たちに近い縛りである。校則があり、それを守る事で、生徒たちは決まりは破ってはならないものということを理解する。つまり学校とは生徒たちがいつか近くて実感するであろう法律というものをきちんと守ることができるようにトレーニングする場所でもある。

法律を学ぶことについて

法律を学ぶことについて。学校で、しかも義務教育という早い段階で法律を学ぶことはとても大切ではないでしょうか。特に、交通法、民法など生涯につきものの生活になくてはならない決まり事を正しく理解し、それに基づいて善い行いができることが大切だと思います。その意味では、小学校の段階からレベルごとに履修できたら良いでしょう。国民としての最低限のルール遵守にもなり、社会生活をする上で健全にやっていけるだけの力がつくものと思われます。より犯罪を少なくするためにも一人ひとりの自覚と責任感を持つ必要があるのではないでしょうか。