補助金についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 理想的な通信制高校とは

新着情報

過去の情報一覧

通信制高校という選択肢

今の高校は全日制の普通科ではなく、専門科も増えています。農業高校や高専もそうですし、商業科に理数科も昔からあります。最近では高校を卒業してから行く、専門学校や大学で学ぶことを勉強できる高校もあります。今の通信制高校もそうです。スポーツなどで高校生からプロを目指してたくさんの大会に出場し、かつ勉強をしていくとなれば、通信制高校はうってつけです。また、病弱でなかなか通学ができない人や、仕事をしながら勉強をしたい人にも選ばれています。学費の面で心配される人もいますが、独自の奨学金制度を設けている学校も多いです。

通信制高校でも友達作りは可能

通信制高校は全日制の高校と違って、決まったクラスがありません。また、毎日通うわけではありませんので、必然的に先生や生徒と接する機会が少なくなります。しかし、そのような環境でも、私立の場合は部活やレクリエーションなどを行っているところもありますので、学校での友達作りが可能です。通信制高校には様々な理由を持って通っている人がいますので、自分と同じ理由でお互いの悩みを打ち明けられるような友達ができる場合もあります。また、時間的な余裕があるため、アルバイト先や趣味を通じて、様々な人と仲間作りをすることも可能です。